1号店の推しにゃん

カフェ入居当初は重いパンチを繰り出し、触れることが難しかったあられくん。でも最近の変化は目をみはるよう。撫でさせてもくれるし、お顔もとっても優しくなりました。野良猫母さんの言いつけを厳格に守ってきたけれど、だんだん人間を信用してもいいかもって思ってきてくれたようです♪

10月9日~10月22日

今回の推しにゃんはあられくんです。
カフェ内であられくんの写真を撮影し、ご自身のアカウントでSNSに投稿お願いします!

【保護の経緯と保護宅での様子】
一般の人がご自宅の近くで子猫3匹を見つけて保護しました。
工場の前という危険な場所だったことや、工場の人が困っていたからでした。
その中の1匹があられくんでした。
保護されたお宅で暮らし始めた3匹でしたが、あられくんだけ人馴れせず、その後いまの保護主さんのところにお引越しをしました。
引っ越してきた時には、すでに1歳だったあられくん。
やはり触ることはできず、爪を切る時に洗濯ネットに入れて触れるくらいでした。
他の保護猫さんとの関係は良好で、ケンカすることもなく、気難しい猫とも仲良く穏やかに過ごしていました。

【保護主からのメッセージ】
あられがカフェにお世話になってから10ヶ月が経ちました。
入店からしばらくは、あまり変化のない状態でしたが、ここ数ヶ月でずいぶん変わってきたようです。
残念ながら、いまだ保護主の私は爪切りの時に洗濯ネットに入ったあられしか触れませんが、他のスタッフさんは、ちぐらに入っているあられをワシャワシャ撫でています(@_@)
人は怖くないってわかってきたんですね!
とっても怖がりで慎重なあられですが、ゆっくり一歩一歩前に進んでいます。
進んでいった先には、きっといい出逢いがあると信じています。

まだまだ進化途中のあられ、気長に見守っていただけたら幸いです!

 

 

コメント

  1. より:

    最近なでなでさせてくれて嬉しいよ!人の手の気持ち良さがわかってきたのかな?ずっとのお家探し、がんばれ!あられ!!

  2. teteutayume より:

    最初は手を近づけただけでシャーが出て、パンチが飛んできて、ケージのなかから出てこなかったね。でも少しずつ、少しずつ、人の手を受け入れてくれるようになり、カフェの中を散歩できるようになり。最近のあられくんの進歩は目をみはるようだよ。
    猫の可能性を教えてくれたね。
    あられくんの幸せを、祈っているよ。

PAGE TOP