1号店の推しにゃん

 

ふわふわ、モコモコ、歩くぬいぐるみのような愛らしい美麗ちゃん。ちぐらーずを卒業しフロアでも遊べるようになってきました!一緒に遊んでくださいね♪

6月12日~6月25日
今回の推しにゃんは美麗ちゃんです。カフェ内で美麗ちゃんの写真を撮影し、ご自身のアカウントでSNSに投稿お願いします!

 ① 保 護 経 緯 
2020年7月、美麗ちゃんは餌やりさんのお宅に現れました。ガリガリに痩せいていて、ほかの猫たちに威嚇されながらも、せっせとモリモリご飯を食べていました。あまりに小さく痩せていたので餌やりさんは子猫だと思ったそうです。翌日、捕獲して病院へ連れて行くと、後ろ足をケガしていること、おっぱいをあげていることがわかりました。子猫を育てていることがわかったので、おっぱいに影響しない抗生剤を飲ませてすぐに戻しました。体重は2キロ。どこで子育てをしているかは不明でした。
餌を食べにくるようになった美麗ちゃんですが、くしゃみと鼻水がひどかったそうです。ある日、美麗ちゃんはご飯を食べてもねぐらに帰らず、半日くらい餌やりさんのところにいたので、子猫がどうしているのか心配になりました。
その後も、ケガをしている後ろ足が痛々しかったため病院へ連れて行き。抗生剤を増やすことになりました。その日も午後遅くまで餌やりさんのところで過ごしたので、子猫はダメだったのかもしれないと思ったそうです。
餌やりさんのお宅に現れ続けた美麗ちゃんは、玄関を開けると突進してくるようになり、再び足のケガを診てもらうために病院へ連れて行くと、おっぱいは枯れていて、だいぶ前から飲ませている形跡はないことがわかりました。
体重も増えていて血液検査も問題なかったので、そのまま不妊手術をし、ミニシェルターで保護することになりましたが、ミニシェルターを継続していくことが困難となり閉鎖するにあたって、美麗ちゃんは保護猫カフェさくらでずっとの家族を探すことになりました。

 ② 保 護 主 メ ッ セ ー ジ 
保護したときガリガリだった美麗ちゃんは、フワフワムッチリ猫さんに変身しました。中身も最近想定外の変化をしています。人間に心を開き、ちぐらから出てくるようになり、社交性が出てきました。可愛い表情も増えてきたと思います。美麗ちゃんの丸いお目々は、保護主は見たことがありませんでした。優しく接してくださったカフェの皆様やお客様のおかげです。本当にありがとうございます。
ずっとのお家が見つかっても、しばらくは細い目で様子を見ていると思いますが、美麗ちゃんの全てを受け入れてくださるとうれしいです。カフェでの下地があるので、信頼関係が生まれるまでの時間は短縮していると思います。
慢性鼻炎を持っているのでお世話をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

 

コメント

  1. 匿名 より:

    もっちりもちもちみれいちゃん❤❤❤❤
    本当に女の子らしく可愛くて最近はよくフロアで遊ぶようにもなったね!みれいちゃん見てると癒されるよ❤みれいちゃんにずっとの家族が現れますように❤

  2. Holly より:

    動くぬいぐるみの美麗ちゃん🥰意外と小悪魔な美麗ちゃん。1号店の男の子たちはきっとあなたが大好き❣️でも私も大好き😽
    慢性鼻炎のお世話を優しく優しくしてくれる素敵な里親様にきっと巡り会えるよ✨美麗ちゃん推しにゃん頑張って〜🌸

  3. 匿名 より:

    もふもふ美麗ちゃん、最近はちぐらの外でも見られてうれしいけど、見るだけなのね😅 なでなでさせてよう~❣

PAGE TOP